メキシコ好奇心

 アステカ、マヤなどの古代遺跡から、ビーチやダイビングスポットまで、何でもあるメキシコ。 そんなメキシコの魅力を新鮮な現地情報とともに、たっぷりとご紹介します。

2006/04 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2006/04 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2006/04 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2006/04 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2006/04 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2006/04 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  今回はアメリカからの出国のお話です。

  それではどうぞ。

  僕は搭乗手続きを受けていた。そして、荷物を計量器に置いた途端、問題が発生した。スーツケースの荷物が重量オーバーだと言われる。ま、これは予想されていた事。

  予めリュックの方に荷物を移動しておく手もあるが、それでもきっと重量オーバーだろう。それだとマズイのだ。カウンターの前で荷物をスーツケースからリュックに移動するところを見せれば、3,4kgオーバーならOKしてもらえる可能性が高い事を知っていた。

  係員は「で、どうする?」と聞きながら、もう一つのリュックはターンテーブルに流そうとする。
  「待ってくれよ。荷物を移しかえるから」メキシコの空港と同じ事が繰り返される。
  しかし、アメリカの方がなんとなく対応が冷たい。ドライと言うのかな。

  何kgか移し変え終わって、予想通りOKになった。その代わり、スーツケースにはheavyのタグを付けられたが・・・。

  X線で荷物をチェックするところで荷物を預けて、いざ出国ゲートへ。

  ところが入ろうという直前に、係官に呼び止められた。そして、僕のスーツケースを指差さしながら、「これ、君のだよね」と。「そうだ」と言うと、「鍵貸して」と言う。

 「どうして?」
 「荷物チェックするのよ」
 「何が問題だったの?」
 「荷物チェックよ!」

  理由も言われず、高圧的な態度に閉口しながらも鍵を渡した。

 「そこで立って見ていろ」と言う。そして、男の上司らしい係官がやってきた。10mくらい離れた所でスーツケースが開けられていくのをじっと眺める。

  係官は中の本を盛んにめくっている。僕には何を怪しんだのかよくわからない。本の中に何か隠し入れるテロ方法があるのかな?
 
  5分くらい経って、やっと終わった。係官は僕に鍵を返した。僕はスーツケースに鍵がかかっているかどうか心配だったので、見に行こうとすると「そこから中に入っては駄目だ!!」と2,3人の係官から怒鳴られる。なんだ、こいつらの態度は。チョー感じ悪い。

  僕がロックしたかどうか確認したいというと、係官が3mくらいまでスーツケースを持ってきた。確かにロックしてある。それにしても、絶対にスーツケースに近寄らせないつもりだ。やれやれ。

  それから手荷物とボディのチェック。ここではパソコンをケースから取り出し、ポケットの鍵なども全部出す。そればかりか、靴まで脱がなければいけない・・・。
 
  イラつくのは、荷物だけX線検査機に先に流して、人間の方のチェックが待たされること。これって貴重品もチェックで流しているわけだから、こっちとしては気が気でない。付近にいる人が盗って行ったってわかりゃしない。実際、僕の知人はこういう場面で財布を盗まれた事があるのだ。

  とにかく、このようにアメリカの出国チェックは、他の国と比べものにならないくらい面倒だ。そして、前回はここまでだったが、今回は新たにもう一つチェックが加わっていた。

  搭乗する時に指紋押捺と写真撮影が行われたのだ。専用のハンディ機械を持った係員に左手、右手の人差し指の指紋を取られ、写真を撮られてから、ようやく飛行機に搭乗できる。これは全員ではなく、日本人だけのようだった。

  しかし、これはある意味、僕に安心感を与えた。アメリカは出国時には、パスポートにスタンプをくれない。しかし、入国の時につけられたグリーンの紙を搭乗する時に渡しておかなければいけない。

  これを忘れると、出国したにもかかわらず、コンピューター上はアメリカに滞在しているような形になって、3ヶ月を過ぎると不法滞在扱いにもなりかねないからだ。もう2度とアメリカの土を踏まないという人ならそれでも問題はないだろうが、そうでない人は次回の入国の時に不具合が生じる危険性があるのだ。

  今回のように指紋等までチェックしてもらえれば、そういった不安が取り除かれるというわけである。
スポンサーサイト
 今回は実際に体験した僕の入国物語です。
 入国都市や係官によって多少厳しさが違ったりしますが、一つの例として参考にしてくださいね。


  さて、僕も入国審査を受ける。案の定、長い列に待たされた。30分くらいは待たされただろうか。しかし、まだ良い方なのかもしれない。

  重い手荷物を持って僕は待っていた。その荷物を持っていた手に、突然何やらぬるっとしたものを感じた。エッ、何?? そちらを見る。犬がいた。その隣には黒い制服を着た女の係官が・・・。

  犬は僕の荷物をしきりに嗅いでいる。ちょっとビックリしたけど、それほど動揺はしなかった。けっこう場数を踏んできたので慣れてきたかな?こんなん慣れたかないけど・・・(汗)。

  女性の係員が僕のバックの中をチェックし始めた。その間、列に並んでいる人がみんなこちらを見ている。こいつなんか持ち込んだのかって感じで。僕もこういう風に調べられるのは初めてだ。正直、良い気分ではない。

  麻薬なんて持ち込んでいないけど・・・。どうして??? かわいい顔をした犬だったけど、なんたる厄病神。初めて海外に行った人だったら、けっこうビビるよ。

  チェックが終わって、係員は「Thank you」と言って立ち去った。実はあの犬、麻薬犬ではなく、生もの持込チェック犬だったのだ。

  僕はバッグの中に、クッキーとかチョコレートを入れていたのを思い出した。けれど、それらは加工品だった為か、何もお咎めなしだった。でも、他の人は果物か何か没収されていた。

  最近は麻薬よりも生鮮食品流入に力を入れているのかな?確かに狂牛病で経済的に痛手もくっているし、アジアでは鳥インフルエンザもまだ残っている事だしね。


  さて、入国審査。一列に並んでいたのが、直前で一人一人審査する場所を割り当てられる。僕の指定された所はアジア系の顔をした係官だった。前の人が終わるのをじっと待つ。

  しかし、前のアジア系カナダ人は、何やらえらく色々言われている・・・。カナダ国籍を持っている奴でさえこうなのか・・・。僕は色々質問される事を覚悟した。

  いよいよ僕の番になった。パスポートと入国審査用紙と税関用紙を渡す。それから指示をされる。機械の上に左手の人差し指を置いて指紋を取る。それが終わると今度は反対の右手。それからWEBカメラで顔写真を撮られる。正直、あんまりいい気はしないが、全員やられるので仕方ない。

  それでも堅物のおやじかと思っていた係官は、時折冗談も交えながらすぐにパスポートにスタンプを押して寄越した。良かったぁ。こうして僕は無事、アメリカに入国したのでした。



  アメリカを通過する者は全てアメリカのイミグレを通らなければならない。これが現在のアメリカの方針だ。つまり、トランジット(その国を訪れるのが目的ではなく、他の国へ行く為に飛行機の乗換えをするような場合)であろうと例外はないという事。


  日本を始め大抵の国ではトランジットであれば、入国審査等うける必要はない。そのままウェイティングルームに案内されて、自分の搭乗する飛行機の出発時間までそこで待つだけ。チェックされる事と言えば、ボーディングパスくらいのもの。


  ところがアメリカは、全員入国チェックを受けなければならないように定めている。もう少し何とかならないのだろうか? これってメチャうざいんだよね。


  旅行者にとってはデメリットのオンパレードなのだ。審査する方だって大変だろうにと思うのだが・・・。ざっと旅行者のデメリットを挙げれば以下の通り。

① 先ず入国審査用紙、税関用紙に記入して提出しなければならない。
② 全員チェックするから、入国審査に時間がかかる。
③ 一回一回荷物をピックアップしなくてはいけない。(つまり荷物もダイレクトで目的地にいかない)
④ 空港が広くて、次に乗る便のゲートがわかりずらく、移動にも時間がかかる。
⑤ 一旦入国した事になるから、出国のチェックも受けなければならない。


  メキシコへ行く場合も、ほとんどがアメリカを経由しなければいけないので、アメリカのこの方針は本当に厄介だ。


  こんな煩わしいのはイヤ!という人は、JALやエアカナダなどを利用しよう。これらの航空会社は、カナダ経由なのでアメリカ経由に比べると非常に楽です。




  今回は、ちょっと趣向を変えて旅日記をアップします。

  これは昨年の12月にグアテマラに行った時のものです。
  場所は外国人観光客に人気があるパナハッチェル。では、どうぞ。



  パナハッチェルは、大きな湖を見渡せるグアテマラ有数の観光地。湖周辺には幾つかの村があり、観光客相手に土産物等を売っている所が多い。岸の上から湖を見渡すと、遠くにある火山が先ず目に飛び込んでくる。その前の湖面を何艘もの大小の船が行き来している。ここの風景は、グアテマラ人画家の手によってたくさん描かれている。



  そんなある日、僕は同宿の日本人4人とサンアントニオ・パロポという所へ行った。船ではなく、コレクティーボ(乗り合いワゴン)で行く。湖の辺にへばりついたような道路を走るので、湖を見ながら行ける。12月というのに、汗ばむほどの日差しだ。眺めはいい。



  サンアントニオ・パロポに着いた。小さな町だった。いや、日本人の感覚から言えば、町ではなく村と言うべきだろう。僕達は湖を見渡せるメインの教会前で降ろされた。早速教会を見学したが、それほど印象に残る所ではなかった。


  ここでは民族衣装を着たおばちゃんや子供達が「これ買え、これ買え」と言い寄ってくる。今まで何度もそういう目に遭ってきて、ほとんど土産物を買わない僕はいつもうんざりしていた。けれど、今回は不思議と嫌ではない。言い寄ってくる中にも、どこか控え目なところがあるからだろう。


  道を歩いているとオドオドと女の子が寄ってくる。「この民族衣装1ドルよ」えっ、そんな手の込んだ物が1ドル?「うそでしょ」と言うと「ほんとよ。だから着てみて」と言う。そうして着てみると、やっぱり1ドルではなくて、ドンドン適正価格に戻ってくる。観光客に着せてみると、買ってくれる事が多いのだろう。


  この村には観光客の目玉となる物がない。だから、ここを訪れる観光客の数は多くはない。同じような物でも、他の所と比べると少し値段も安めだ。


  歩いていると小さな店があった。そこから女の人と6歳くらいの女の子が駆け出してきた。女の子が手にしていた手作りのミサンガの束を差し出す。10本くらいの束だ。10Q(ケツアル)と言った。でも僕達はあまり興味を示さなかった。そんなにたくさんいらないしね。


  すると傍らの女の人が「5Qでいいわよ。」と言った。それに反応して、仲間の一人が手に取って見る。他で見せられた物より、織り方がしっかりしている。彼は5Q払って買った。


  本当に5Qなんだぁ。僕はてっきりまた値段が上がるもんだと思っていたよ。


  5Qで買えるんなら欲しかったなぁ。そう思っていたのが顔に出たんだろう。女の人は女の子にもう一つ持ってくるようにと言った。女の子はすぐに店にとって引き返し、もう一つの束を持って戻ってきた。


 「あなたも5Qでいいから」女の人が言う。女の子が束を差し出す。僕は喜んで買った。一人ではこんなにいらないけど、誰かのお土産にしてもいいしね。



  僕は良い買い物をしたと思った。満足だった。女の子は再び店に戻っていった。そして入口付近の地べたに座って、簡単な道具を使ってミサンガを織り始めた。それを見て、僕の中に衝撃が走った。


           先ほどの喜びは消えた。

 
  僕が喜んだのは消費者としての立場からだった。しかし、それは果たして適正価格と言えただろうか?この時のレートは、1ドル=7Qちょっとだった。

  という事は、このミサンガの束は1ドルもしない価値だということになる。数を数えてみる。12本あった・・・。


  いくらグアテマラの生活水準が低いからと言って、彼女の労働量を考えれば5Qというのはあまりに安いのではないだろうか? フェアートレードの観点から言うと、僕は搾取をしたのではないか?そんな事が頭を駆け巡った。


  適正価格って難しい。観光客だと思って、思いっきりボッて来る輩も多い。交渉能力のなさと言ってしまえばそれまでだが、やっぱり高く物を買わされるというのは良い気分はしない。


  と言って、値切りに値切って、売るべきかどうかと悩ますのもどうかとちょっと思った。よくやっていた気がするので・・・(汗)。


  確かにいくら良い物でも、誰も買ってくれないとお金にはならない。時には現金欲しさに、ほとんど自分たちの収益がないままに売ってしまうこともあるかもしれない・・・。


  今回のように5Qだと、どう考えても女の子の労働力に対する報酬は僅かなものだ。時給に直せばいくらだろう? 他の人がこの店で服とか買ってくれていたのがせめてもの救いだった。


  女の子は黙々とミサンガを織っている。君なら有名な織り手になれるよ。この年でこれぐらいできるんだから。弟子入りしたいくらいだよ。



  そんな事を思いながら、店を後にしました。旅に出ると、いつも色々な事を考えさせられます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。