メキシコ好奇心

 アステカ、マヤなどの古代遺跡から、ビーチやダイビングスポットまで、何でもあるメキシコ。 そんなメキシコの魅力を新鮮な現地情報とともに、たっぷりとご紹介します。

2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年も独立記念日が近づいてきました。


     9月16日はメキシコの独立記念日。
    
     メキシコの祝日の中で1,2に重要なもの。



    どんな事が行われるのかと言うと。

             ↓

             ↓

             ↓

          こんな感じです。



     前日の15日夜からお祭り騒ぎ。


  政府関係舎前の広場に多くの人が集まってくる。


        そして夜の11時。

  その舎の主(大統領府であれば大統領、州庁舎であれば州知事、市役所であれば市長といった具合)が顔を見せ、公衆の前で「Viva Mexico!」と叫ぶ。

   他にも決まった台詞はあるけど、ちょっと覚えてない・・・(汗)。 ま、日本人ということで許してもらおう(笑)。


  続いて、仕掛け花火や打ち上げ花火が打ち上げられる。


    翌日16日は大通りでパレードが行われる。

  
  そんな感じの独立記念日行事なんですが、それに必要なグッズがあちこちで売られている。やっぱりグッズがないと盛り上がらないんですよね!

   メキシコの国旗は車などにも取り付けられてます。


  この時期は公園などでも、色々なグッズが売られていて、僕的にはけっこう楽しいんです。



  写真はpegの関係でアップできず、仕方がないので「メキシコ好奇心!【文化・慣習編】」の方でご覧ください。

スポンサーサイト
今回はちょっと宗教的なお話を。


 今日1月6日は、サント・レイエスの日。
 日本語では、東方三賢人の日とか訳されている事が多い。


 キリストの誕生を知った東方の三賢人(三賢王)がベツレヘムに贈り物(黄金・乳香・没薬)をもってお祝いに駆けつけた。
 聖書のマタイ伝に出てくる記述に由来している。


 さて、メキシコではこの日に子供達へプレゼントをする所もある。僕が確認した限り、それは州や地域によって違っている。12月24日のクリスマスに贈るところもあれば、1月6日に贈るところもある。両方贈る所もある。
 (両方プレゼントくれる所の子供はウハウハだね。でも貧しい家庭の子供はどちらももらえない...らしい...)


 そしてもう一つ、ロスカというパンをみんなで食べる習慣がある。ロスカというのは、楕円形(ドーナツを大きくした感じ)のパンだ。その中には小さな人形が幾つか入っている。


 一人一人ナイフを入れていって、この人形が出てきたら、その人は大当たり! その人は、2月2日(12月24日から数えて40日目)にタマーレスという、とうもろこしを練った中に鶏肉などを入れて葉っぱで巻いて蒸したものをみんなに振舞わなければならない。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。