メキシコ好奇心

 アステカ、マヤなどの古代遺跡から、ビーチやダイビングスポットまで、何でもあるメキシコ。 そんなメキシコの魅力を新鮮な現地情報とともに、たっぷりとご紹介します。

2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  
  メキシコは色々楽しい事があるので、旅行をされる人は1週間くらい前からウキウキ気分になっているんじゃないでしょうか?


  今日はちょっと安全について考えてみたいと思います。

  メキシコ大使館が邦人被害状況として発表しているものの中には、以下のようなものがあります。


  ① レストランにて食事中、椅子の背に掛けておいた現金等在中の鞄を盗まれる(食事中、鞄を残して席を離れてはいない)。同時間に、同手口の被害(外国人)が他にも1件発生。  


  日本と同じ気分で、簡単に自分の荷物を手元から離さない事です。日本では空いている席に荷物を置く事は普通になってきているかもしれませんが、メキシコでは「盗ってください」と言っているようなものです。



  ② 地下鉄Hidalgo駅周辺を走行中の電車内において、手荷物の中に入れていた財布をスリ取られる。その後、在中していたカードを使用される2次被害あり。


  メキシコの地下鉄内で、手荷物の中に財布を入れるのは非常に危険です。財布以外にも携帯を盗られたなど話もよく聞きますので気をつけてくださいね。



  ③ ミチョアカン州及びゲレロ州方面における地震発生について

   今年8月11日午前9時30分過ぎ、メキシコのミチョアカン州及びゲレロ州方面で地震が発生致しました。報道によれば、マグニチュード5.9を記録したようです。メキシコ市でも揺れが感じられまし
た。


   こういった地震やハリケーンなどの自然災害に遭う可能性だってあるわけです。そこで、言葉も不自由な旅行者の安全管理に役立つものはないかと日頃気をつけているとよさそうなのがありました。


   災害時や身に危険が迫ってきた時に役立つのが、こちら



  なんだぁ~と思いましたか? でも、音ってとっても重要なんですよ。

  


   普段はお洒落なペンダントになっていて、ホイッスルだとわからないんです。女性向けにデザインされた、このホイッスル。旅のお供に一つくらいあったら、いざと言う時に安心ですね。


   
スポンサーサイト
ズボンのポケットに穴が開いた。
 左側のポケットだ。
 縫わないといけない・・・。
 そして縫った。
 右側も見てみる。
 こちらはまだ大丈夫。



 実は、これって理由がはっきりしている。
 というのも、僕は左側のポケットに鍵を入れる癖があるからだ。

 この鍵が半端じゃない。
 日本にいた頃は、せいぜい2,3個の鍵で良かった。
 それほど気にならなかった。

 しかし、今は違う。
 数えてみると、大小あわせて12個。
 重いはずだ。


 僕は車は持っていない。 バイクも自転車もない。
 つまり、そういった鍵を入れなくても10以上あるのだ。


 メキシコでは治安を考えて、鍵は2重、3重にかける。
 日本のように1つ開ければ中に入れると言う事は、都会で生活している限り、先ずないだろう。
 僕が外から仕事場に入るには、最低でも3つの鍵を開けなければいけない。
 
 
 鍵にも色々ある。
 日本と同じようにドアのノブに鍵を差し込むタイプ。
 もう一つはドアに市販の錠前をかけるタイプ。(世界の安宿の多くはこのタイプ)

 
 
 万が一、職場で鍵を失くしてしまい、他の人が鍵を閉めて帰ったら、僕はその中に閉じ込められてしまう。
 入口付近は市販の錠前を使っているので、鍵がなくては内側からでも開けられないのだ。

 
 こういった状況は、僕にとってはかなり不便。
 常に重い鍵束を持ち歩かなければいけないし、紛失しないよう細心の注意が必要だからだ。
 しかし、ここでは治安上、それは仕方ないのかもしれない・・・。


 と言うわけで、鍵束は常に持ち歩いている。
 ところが、ズボンのポケットの方は、特別頑丈にできているわけじゃない。
 いや、それどころか普通の薄い布切れ一枚で作ってある。
 当然、日々ポケットの強度は薄れていく・・・。


 あ~あ、僕のズボンのポケット縫いは、これで終わる事はないだろうな。
 長い飛行機の旅を終えて、やっとメキシコシティの空港に降り立ちました。

 緊張していた入国審査も無事終え、ゲートを出てみる。おっ!浅黒い顔をしたメキシコ人が大勢待っている。メキシコに来たと実感すると同時に、ちょっと不安になる瞬間。
 なんとか両替も済ませて、先ずはホテルへチェックインして旅の疲れをとりましょう。でも、どうやってホテルまで行けばいいの?ここではその方法をご紹介します。


 メキシコシティの空港からホテルまでは2つ方法があります。
 1つ目はタクシー。2つ目は地下鉄。バスもありますが、よくメキシコシティの事を知っている人でないと使えないでしょう。

 
 さて、どちらにするか。その判断材料はこれです。
 あなたが、海外を旅慣れていて、荷物はリュックのバックパック。そして昼間に到着するなら、地下鉄を使ってもいいと思います。空港を出て5分程度歩くと、地下鉄の駅があります。料金の方は超格安です。その代わり、スリ等には充分注意してくださいね。長旅の後は、自分でも気付かないうちに体は疲れていますから。

 もし、上記の条件が一つでも合っていなければ、タクシーをお薦めします。旅慣れた方でも夜の到着だと、たくさんの荷物を持って地下鉄に乗るのはかなり危険です。ここでお金をケチったばかりに、大きな被害になっては元も子もありません。


  それではタクシーについて、説明します。

  空港にはたくさんタクシーが停まっています。しかし、大きく分けて2種類あります。空港タクシーと流しのタクシー。もちろん流しのタクシーの方が料金は安いです。だからと言って、ここで安い流しの方に乗らないでくださいね。メキシコシティの流しのタクシーは悪名高いので有名です。ボラれたりするだけならまだいいですが(いや、良くないですけど・・)、運が悪ければ運転手が強盗に変身してしまうかもしれません。

  メキシコシティではお金で安全を買うという発想をしてください。ここは料金は高くても空港タクシーを利用しましょう。お金の節約は他の所でできます。 
 

  空港タクシーはゲートを出ると、2,3社受付があります。距離によって値段が違っています。一応、料金表はありますが、初めてきた人はどのくらいか見当もつきにくいでしょう。ボル悪質な受付嬢もいるので注意してください。市内中心部までなら200ペソ前後だと思います。
 また、お釣りを誤魔化したりする事もあるので、お釣りはきちんと数えましょう。もちろん、その時に荷物の注意は怠ってはいけません。

  さあ、チケットを買ったら、タクシー乗り場に行きます。その時、声をかけて来て、違うタクシーに乗せようとする輩もいるので注意してください。チケットとタクシー会社があっているか、乗る前にチェックしてくださいね。

  タクシー乗り場についたら、タクシーに乗り込み、チケットを運転手さんに渡します。領収書もくれるのできちんと取っておいて下さい。不安な人はタクシーに番号がついているので、その番号をメモしておいてもいいでしょう。こうして住所を言えば、無事ホテルに到着です。
  
 お疲れ様でした。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。